ツルタカブログ

ラーメン食べたり、ランニングしたり。

脇坂さん引退と可夢偉の世界挑戦

脇阪寿一、GT500退きチームルマン監督に就任 - SUPER GTニュース

ついにこの日が来てしまいました。
ミスタースーパーGT脇阪寿一スーパーGTを引退です。

一昨年、サードから放出された時にある程度の覚悟をしておりましたが、坂東さんのところで、長〜くやっていくのかなと思っていたら突然の引退です。
昨年末には結構、調子が上がってきていたのになぁ。。

脇坂さん、本当に良いドライバーだったと思います。
お疲れ様でした。

それにしても、最後にトヨタ自動車モリゾー社長からメッセージが届くあたりがトヨタに対する貢献度の高さを窺わせますね。
モリゾー社長のメッセージも感謝の中にユーモアを織り交ぜており、トヨタ系チームの雰囲気の良さが伝わってきます。
そらにしても、一介のドライバーに社長自らメッセージを送るって、トヨタって会社の底力みたいのを感じますね。
少しクルマが詳しいと自称してる人って必要以上にトヨタを叩く傾向があるんですけど、調べれば調べるほどトヨタって会社は良い意味でヤバい会社ですよね。

そして、そのトヨタ
世界選手権であるWECに秘蔵っ子の小林可夢偉を投入とな!

F1で果たせなかった、トヨタ×可夢偉の世界制覇。
WEC云々より、ルマンでの勝ちを見たいじゃないですか。
今年はお願いしますよって感じです。

脇坂さんがトップカテゴリーを引退し、可夢偉が世界の舞台に復帰。

色々な思いはありますが、レーシングはそういった様々な思いをのっけて、第一コーナーに向かっていくのです。

もうすぐモタスポの季節だ!

つるやたかゆき