読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツルタカブログ

ラーメン食べたり、ランニングしたり。

アロンソは強さの証明を求められる

モタスポ

ベルガー 『もはやアロンソは最高のドライバーとは言えない』

f1-gate.com

 

数々の伝説と、その男気っぷりでつるやはベルガーのことは私は大好きです。

そのベルガーさんが、アロンソを酷評。

 

まったく同意です。

この10年間でアロンソは何を僕らに証明してくれたのだろう。

確かに、クラッシュゲート以降のシンガポールGPの表彰台は感動したんだけどさ。。

 

アロンソの強さっていうのは、あくまでもフラビオ・ブリアトーレという稀代のゲームメーカーがいて引き出させるものであって、アロンソ個人でいうとアベレージよりもちょい上のグッドドライバーに過ぎないのでは無いか。

フェラーリでの5年間、彼の存在はなんだったのだろう。

ヴェッテルは加入後1年間でその5年間を上回る進捗を遂げた。

 シューマッハ以降のエースドライバーに求められる資質として、『チームを作る』 ことができる能力は必須項目と、なった。

アロンソはそこが致命的に弱くないか。

ヴェッテルは、その能力を疑問視されていたが新天地で見事な回答を見せてくた。

元気を失っていたマラネロのチームは、まるで少年野球チームのようにキラキラしている。

最後のタイトルから丁度10年。アロンソは10年間タイトルから遠ざかっていているドライバーに再度の戴冠を期待できるのだろうか。

マクラーレンの復活において、マクラーレン首脳陣はアロンソというパーツに相当な期待をしている筈だが、今まで彼が成し得てきたことを冷静に振り返ると、その期待が過剰なのではないかと思う。そしてその期待値に盲目的にのっかっているホンダ。その姿はビルヌーブに過剰に期待していたあの頃から1ミリの進歩も見られない。

おそらく、2016年にマクラーレンはそれほどの進歩を遂げることは無いだろう。2016年のアロンソは、その獲得ポイントよりもある種の『証明』 が必須課題である。


つるやたかゆき