ツルタカブログ

ラーメン食べたり、ランニングしたり。

スーパーフォーミュラの上手な使い方

「SFがF1シートに近づく道と信じる」とバンドーン

as-web.jp

 

さてさてどうなるでしょう。

中嶋、小林といったF1経験者も参戦するスーパーフォーミュラ(この名称、ダサすぎなんですが・・・)

そこにマクラーレンのリザーブドライバーであるバンドーンが参戦を検討とな。

日本のフォーミュラはF1ピラミッド社会から見捨てられて久しいですが、なんだか盛り上がりそうなお話じゃないですか!

まあ、先に結論を申しますとおそらくそう簡単には勝てないと思います。

シャシーがワンメイクといっても、逆にチームの総合力が問われてしまいますので。

ホンダの後押しで、そこそこ有力なチームに押し込まれたとしても短期間(年間7戦)で結果を出せるところまでいくのか。

逆にここに2年もいたらそれはそれで相対的にキャリアはマイナスになるし・・

と結構課題は多いと想定しております。

小林の昨年の様子を見ていても相当苦しいことになるかと。。

バリバリにF1やっていたドライバーでも、そうそう簡単にイケないのが今のスーパーフォーミュラというカテゴリなのかもしれません。

そういう意味ではこういった『黒船』が参戦することによって、カテゴリの課題や利点が立体視できるようになるかも知れないので、これは歓迎すべき。

 

 

それにしてもマクラーレンはいったい何をバンドーンにさせたいのか。

確かに抱えているドライバーはバトン、アロンソ共に引退もそろそろ視野に入ってきているドライバーですが、じゃあ引退してシートが空いたらすぐにバンドーンにそのシートを任せるのか?

マクラーレンってそんなチームでしたっけ?

確かにペレス起用とかちょくちょく迷走しておりましたが。。

 

おそらくマグヌッセンにまともな経験もさせず放出してしまったことが、気になっているのでしょうが、GP2チャンプがF1ピラミッドの制度において‘格下’のスーパーフォーミュラに参戦するということ自体、なにかいきあたりばったりのドライバー育成計画に思えます。

なんだが今のマクラーレンの歯車が狂っている象徴的な出来事のような気がしますね。

 

とは言っても、スーパーフォーミュラ、ひさびさの大物『黒船』の参戦は大いに盛り上がるでしょう。

もし、2017年にF1のレギュラーシートを掴んだとしたら、日本のトップシリーズ出身者としては誰以来になるんだろ?

ロッテラーはスポットだったし・・左近か???

 

という、鎖国状態な日本のトップフォーミュラに世界の目が向くことを祈っております。なんせ、コーナリングだけはF1より素晴らしいんだからさ。もっとこの極東のシリーズに注目欲しいものですな。

 

あ、そういやコバライネンって今年も日本で走るのかな??

どっかのチーム、スーパーフォーミュラで乗せないかな〜

 

つるやたかゆき