ツルタカブログ

ラーメン食べたり、ランニングしたり。

adidas adizero BOSTON6を買った

アウトレットモールをふらふらしていたら、adidas adizero BOSTON6が投げ売りされているのを発見したので、ついつい買ってしまった。

f:id:turutaka2R:20180212181122j:image 

 

f:id:turutaka2R:20180212181134j:image

adizero BOSTONシリーズは、練習用シューズとしてずっと買い続けている。

最初に買ったのはBOSTON3、カッチリしているが減衰が早いソールが好みで800kmくらい走った。

日々の練習に加えて、超長距離走など、使えるシチュエーションが多いのでついつい走行距離が伸びてしまう。

次に買った BOSTON4は若干コストダウンされた感じもしたが走行感は変わらず。こいつも700kmくらい酷使した。

 

その後BOSTONシリーズはブーストフォームが搭載されてしまったので、どうしよかと考えていたが、BOSTON5が格安で売りにだされていたので、モノは試しと買ってみると悪くない。

ブースト感はそれほどないが、硬くて減衰が早い特性は変わらず、これまたガシガシと酷使していた。

1年ほど履いて、そろそろくたびれてきたタイミングだったので丁度よかった。

 

やはり練習用は投げ売りに限る。

目を皿にして最低価格を追っかけるのもスマートじゃないが、ランナーにとってシューズは消耗品。

大会用のスペチアーレならともかく、練習用は今後も投げ売りを虎視眈々と狙っていこう。

 

 

つるやたかゆき