ツルタカブログ

ラーメン食べたり、ランニングしたり。

本番まであと僅か

今日も滝野。

今年は感心なことに滝野通いがちゃんと続いている。偉いぞ、俺。

f:id:turutaka2R:20180121100055j:image

 

今週も雪が降らず、それどころか暖かい日が続いていたので、コースの出来が心配だったが、問題なし。整備が行き届いており、滑りやすい。スタッフの皆様、本当にありがとうございます。

 

今日はレースシミュレーション。

本番の50kmを想定して、6kmを8周。3kmを1周の合計51kmをやっつけるプランだ。

思えば、クロスカントリースキーでは32km以上滑ったことがない。

その32kmとは、4年前に惨敗し未だトラウマになっている最初の札幌国際スキーマラソン。。32km地点で茫然自失の体でリタイアしたあの一件。

今日のレースシミュレーションは、ただ単純に本番の想定をするだけでは無く、4年前の自分越えの意味もある。

 

先週、滑り方のコツをちょっと掴んだと思っていたので、意気揚々とコースイン。

しかし、なにか違う。。

板はしっかり滑るし、力の入れどころは間違っていない筈なのに、上体が踊る。自信をもって踏めない。登りはまだマシだがスピードが少しでものると身体が上下左右バラバラな動きをしてしまう。

おっかしーなあと首を傾げながら、2周経過。タイム的には悪くはなかったが、バランスが悪いのでとにかく疲れる。

一息入れて、待てよと思い、考える。

ハンドリングが悪い理由はなんだろう。剛性感が足りていないのでインフォメーションが希薄になり、その結果FBがこないため身体がビビってしまっている。

ということは、剛性感を上げれば良い。

クロスカントリースキーでハンドリングの剛性感を上げるには。。。??

 

板とシューズ、シューズと足、そのどこかに問題があるハズ。

板とシューズは基本的にはいつも同じ力で固定されているので、疑うならばシューズと足の関係性だ。

そこまで気がついて、シューズのシューレースを締め直す。

しっかり締めたと思っていたが、改めてチェックをするとちょっとユルかった。

締め直してからは、嘘のように滑りが安定した。

下りも攻めることができるし、登りも一段と楽になる。

なにより雪面からのFBが適切なので、怖くない。

怖くないので、身体が受け身にならず変に力が入らないので疲労が少ない。

 

あっという間に5周(30km)が終わり、小休止。

ここで少しカロリーをとって、板の左右を変える。

先週の超人おじいさんの教えを生かす。

 

その後、6周、7周と快調にいったが、のこりの8周目は流石に全身の筋肉がペチャンコになっており、力が入らない。普段まったく鍛えていない上半身全体の筋肉が、先に悲鳴をあげた。ストックをまともに刺せない。

突然の失速だったが、こういう問題・課題が発生することを期待していたので本当によかった。本番まであと2週間。課題がでたところを解決させれば良いのだから。

 

結局、どうにか51kmは走破。

久しぶりに完全燃焼した。いや、完全燃焼は本当に心地良い。

今年は一ヶ月に一回は、ランやスキーやバイクで完全燃焼させられるようにしよう。

 

本番まであと僅かだ。明日は、義父にワックスを塗ってもらいに行こう。

身体でカバーできないところは機材でカバーする。それが凡人の戦い方だ。

 

 

つるやたかゆき