ツルタカブログ

ラーメン食べたり、ランニングしたり。

冬のランギア 振り返り

冬から春はあっという間だ。
いつの間にか、春になっていた。

ランニングウェアも、いつの間にかランパン&ランシャツ(まだ長袖だけど)に切り替わった。

そこでハタと気が付いたのだが、今年の冬シーズンは結局、モンベルのトレールアクションパーカーと
トレールアクションタイツで乗り切ってしまった。

当初、これを導入した際はあくまでも雪が積もるまで、すなわち秋口~初冬を乗り切れればと考えていた。
しかし、なんだかんだレイヤリングをやりくりすることで1月後半から2月の厳冬期も乗り切ってしまった。

レイヤリングといっても特別なことはしていない。
以前のエントリでも書いたが、冬のインナーはホームセンターで買った、除雪用(?)の
薄いシャツ。その下にメッシュインナーを重ねるだけ。
ちなみにこの除雪用シャツ、大好きすぎて予備にもう一枚購入しようと思い探し回ったが、案の定廃盤になっていた。
カインズさん、復刻願います。。

下半身についてもトレールアクションタイツの下も薄いスパッツだけだ。

冬のランニングで重要なのは、汗の処理である。
寒さについては20㎞程度のランでは問題にならない。
走り出して5分もすれば暖かくなる。

但し、汗はすぐに冷えて自分自身を攻撃してくる。素早い汗の発散が必要だ。

トレールアクションパーカーはその点が優れている。
モンベルのフリースラインナップの中で保温性能は最も低いのだが、ストレッチが効いた薄い素材の為
汗を積極的に外に出そうとしてくれる。
換気が優れているんだろうな。
それでいてラインナップの中では最低とは言え、フリースとしての防寒性能は最低限あるので
結果として冬期間における長時間の有酸素運動においては、理想的なギアと言える。

懸念していたアンチピーリング機能については、まずまず。
リュックを背負ってのランを数回やっているが、それほどの痛みは生じていない。
来シーズンもいけそうだ。

大好きな田舎ラン等をやる際は、保温や防寒性能が多少低くても、
こういう長時間の有酸素運動に対応していてるギアが良い。

そういや、お気に入りのアウターであるモンベル ライトシェルジャケットも性格的には似ている。

全方位的に性能がそこそこ、そして薄くて軽い。長時間着用してもストレスにならない。
こういうギア、大好きである。

 

つるやたかゆき