読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツルタカブログ

ラーメン食べたり、ランニングしたり。

もう、iPhoneSEでいいや。iPhoneSEがいいや。ダウンジングサイズのススメ

生活 音楽

かねてからの噂通り、iPhoneに新しいプロダクトが加わった。

簡単に言うと、現行の6Sの中身を一つ前の世代である5シリーズの中に押し込んだようなモデル。

それが、今回のSEというモデルのざっくりとしたプロフィールとなる。

 

つるやは、3GSの頃からiPhoneユーザーでもうすぐ6年になる計算です。

3GSから手を出したので、常に各世代のSモデルを手にしてきました。

今回も、そろそろ2年縛りが終わるタイミングだったので、いまいちピンときていなかったのですが、6Sでも購入しようかなと思っていたところでした。

 

iPhoneにしてなにが変わったかというと、macとの連携や、iTunesの連携といったハード面のことではなくて、『他人の携帯に興味がなくなった』という一点につきます。

他人さまのことは羨ましいと思ったことはありませんが、他人の新しい携帯電話は不思議と興味が湧くもの。

ガラケーを使用していた時は、いつも(2年縛りで安易に買い換えることができないにもかかわらず)新商品が気になっておりました。

それが、iPhoneを使用するようになって、ぴたりと止まった。

iPhoneのニューモデルについても、『どうせ、2年後にSモデルを買うし』と、既定路線なので特に興味もわかない。

契約の縛りが終わるタイミングで、その時の最新型に乗り換えるのことが前提なので、せいぜいストレージのサイズで悩むくらいです。

ちなみに、つるやはモバイル製品は黒と決めているので、色で悩むこともありません。ルールを決めておくと本当に楽。余計な選択肢が減ります。

 

正直、6Sのデザインはダサいなあと思っておりましたが、既定路線ならしょうがない。それを買うまでと思っておりましたが、昨日のSEの登場はそれを打ち破る出来事でした。

小型ディスプレイのモデルが出るとは聞いていましたが、中身も旧モデルのキャリーオーバーだと思っていたので、6Sと同等のエンジンは本当に嬉しい。

まあ、筐体のサイズからしてバッテリーは少々つらそうだけれど。。

 

こういうモデルを見ていると、トヨタが90年代終盤に放った、『小さな高級車』プログレを連想します。

クラウンの中身を5ナンバーサイズに収めた、トヨタの意欲作。

思えば、いまのちょっとオモロイ感じのするトヨタってここらへんから始まったんだよなあ。

 

SEを選ぶということは、クラウンではなく、身の丈にあったプログレを選んだ数少ない人々(プログレはめちゃくちゃ売れなかった・・・)と同じ感覚なのかなと。

自分の身の丈にあった、最良の選択。

その選択肢が広がったということは素直に嬉しい。

 

迷走している感じのAppleでしたが、こういう選択肢を提供できるということは、ハードスペックだけではない、『豊かさ』というサービスが提供できる会社って感じがしますね。

 

つるやたかゆき