読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツルタカブログ

ラーメン食べたり、ランニングしたり。

名盤まったなし 002  WAGON CHRIST 『TALLY HO!』

エイフェックスツイン、スクエアプッシャーに次ぐ『第三の男』それがWAGON CHRISTこと、ルーク・ヴァイパートだ。

この『TALLY HO!』 というアルバムは98年リリース。そろそろ20年前になってしまう。僕の家のレコード棚はこんなんばっかりだな。

最初に買ったのは、もうなくなってしまったパルス21という地元のレコ屋で購入。

本当にセンスの良いレコード屋だった。色々なことを教わったレコード屋だった。

パルス21のことは今度また改めて書こうっと。

 

実家におきっぱなしのレコード、CDは衣装ケース7箱分。そこにコイツも入っているのだろう。

聞きたくなったので、年末に帰省したときに救出しようと試みたがあえなく失敗。

Amazonマケプレでタダ同然で売られていたので速攻注文した。

 

Tally Ho

Tally Ho

 

 

 

久しぶり、多分7年ぶりくらいに聞いてみたが良い。

音の解像度はかなり悪いのは、録音された年代というよりは録音環境のせいだろう。

サンプリングと安物の音源だけで宅録したような音だ。

 

だが、想像以上に音に奥行きがあって、柔らかい。

これは機材とか予算じゃなくてセンスが良いんだろうな。

エイフェックスツインとかスクエアプッシャーにも通じる、DIYの心意気が伝わって来る。

 

一応、ジャンルとしてはダンスミュージックの棚に置かれるとは思うが、身体はまったく踊らない。

テンポが圧倒的に遅いし(アベレージでBPMは110ないんじゃないかな)、全体的にファニーな音使いはフロアユースというより、ベットサイドミュージックだ。

だからといって、人畜無害なアンビエントアルバムというとそうでもない。

もっと邪悪な匂いがする。アシッドを食べたウォルトディズニーといった感じ。

だから身体は踊らないんだけど、心は踊る。

自分ではアシッドをキメてディズニーランドにいく勇気はないけれど、これを聞けばそれと同じ体験を脳内ですることができる。

 

照れ隠しで露悪化するエイフェックスツインより、こっちのほうが遥かに危険だ。

無邪気に殺しにくる危険な一枚だ。

 

つるやたかゆき