ツルタカブログ

ファッション感覚でランしてる

情報収集の方法のメモ

毎日の情報収集の方法をメモしておこう。
それほど趣味が多いわけでは無いし、ダイナミックに国際社会と対峙する仕事をしているワケでもない。
情報収集というと、ついつい構えてしまうところがある。

ネットやビジネス書では、高価で時間のかかる方法が紹介されている。
それはそれで間違ってはいない。
だが、本当にそれが必要な層は日本では限られていると思う。
情報はため込むだけでは意味が無い。それを使用しないと価値が発揮されないのだ。

大量の本を読むだけ読んで思索に耽る仙人のような暮らしも憧れるが、必要な情報を精査してきっちりと毎日の生活に活かす方がスマートではある。
そういうわけで、小市民的生活を送る自分の現在の情報収集方法だ。
正解では無い。だからメモをする。ここをベースにチューニングしていく。

■朝
起床後・・髭をそりながらTwitterのチェック(スマホ)
      寝ている間にもタイムラインは動く。
      趣味のモータースポーツ関係は情報の出どころが海外なので夜に情報が飛び交うことが多い。
      英語がわからなくても問題ない。重要な情報はタキ井上氏がコメントしてくれるのでそれをチェックするだけでもだいたい理解できる。

朝食・・・・食べながら地元紙をチェック。(タブレット)
      実家で購読している地元紙の電子版をタブレットでチェックするようにしている。
      グレーゾーンな気もするが、まあいいだろう。
      地元紙ならではの過度にリベラル(正確な表現をするならば左寄り)には辟易させられることも多いが、総合紙ならでは網羅性は助かる。
      新聞はニュースバリューの大小がレイアウト的にわかりやすいので取捨選択に役に立つ。

出勤まで・・英語版のウィキペディを読む時間。
      自分の興味のある記事を英語で読む。モータースポーツ関係は単語の意味が分からなくてもバックボーンとしてある知識で補完できるので読みやすい。
      ゆえに英語力の強化には全く役に立たない。
      この時間、本当に意味があるのか。。

通勤・・・・サブスクリプションサービスのAppleミュージックを聴いて通勤。
      聴き放題だと、毎日何を聴くべきかを悩むところだが、ここはタワーレコードが発行しているフリーペーパー「バウンス」をチェックして自分の趣味にあいそうなものを片っ端からダウンロードしている。
      それをやっていけば中の人(AI)がどんどん賢くなってくるので、リコメンドの精度がグングン上昇する。

■勤務前(中も)
勤務前(中も)の時間にニュースサイトチェック
自分が毎日読むのは下記サイト。
自分はデスクワークなのでPCは友達。


・ロイター通信
世界情勢、経済情勢が過不足なくまとまっているので読みやすい。
時勢のおおまかな流れをおさえるのに役に立つ。

時事通信
通信社のニュースサイト。あまり思想性が無いのでフラットに読める。
これを読むと地元紙の偏り具合がよくわかる。
コメント欄があるのが面白い。暇があるときに全コメントに「そう思わない」をつけている。

Yahoo!
とくに目新しい情報は無いのだが、ポータルサイトとしての強みはあって、まったく興味がなかったジャンルの情報をいきなりぶっこんでこられるのが面白い。
別にログインして使っているわけじゃないが、チューニング具合が面白い。
あと、たまにガチな取材記事を載せるのが大好き。あれ、ずっと続けて欲しいな。

・ブログ
気になっている人のブログはチェック。
最近、大好きな「ぱくうかん」が閉鎖されたのがさみしい。。

■昼休み
5chとツイッターのチェック
なんだかんだいって、5chの情報量の多さ、速報性の高さは侮れない。
ノイズも多いが、使い方次第ではかなり良い情報源だ。
特にモータースポーツの国内系カテゴリの情報源として使っている。
一方で、F1の情報源としては殆ど役に立たない。役に立つ情報もあるのだろうが、ノイズが多すぎる。
F1はナショナリズムが働くので書き込みの内容がどうしても感情的になりがちだ。一方で国内系カテゴリの情報は面白い。
現状、日本のモータースポーツジャーナリズムはメーカーサイドに嫌われたくないあまりに、大本営発表に徹している部分が多々ある。
5chの情報はそこにカウンターをあてる。もちろん裏取りしている話では無いので高度な情報リテラシーが求められることもあるが。

Twitterのタイムラインもここでチェック。
音楽系の情報など、気になったものは後でまとめて見れるように(聴ける)フラグをたてておく。
気になった曲などは会社のWIFIを使って即ダウンロード。サブスクリプションサービスはこういうところは非常に便利だ。

昼休みの残りの時間は本屋へ。
職場の近くに地域最大級の本屋が2つあるので助かる。
出勤日はたいがい本屋に寄るようにしている。毎日購入するわけでは無いので申し訳ないが、その代わり本はAmazonでは(よほどのことが無い限り)買わない。
本屋で買うようにしている。それは自分の居心地の良いところを守るためだ。
本屋では棚の作りから、流行っている本のチェックをする。毎日通っていると違いがわかるようになる。
但し「書店員オススメ」的なポップは信用してはいけない。どこの本屋も同じ本をおススメしている。単純に出版社の販促予算があると捉えておいた方が賢明だ。
書店員だって一日24時間は変わらない。人より本を読んでいるわけでは無いのだ。


■帰宅途中
帰途は古い音楽を聴く。
それ用のプレイリストを数セット作っておくと便利だ。
サブスクリプションサービスにおけるプレイリストの面白さは今度どっかに書いておこう。


■夜
うちは共働きなので夕ご飯の支度は早く帰った方がやるという単純明快はシステムが採用されている。
夕飯担当のときはタブレットをキッチンにおいて、ストリートスナップ系のYouTubeを見ている。
英語でなに言ってるのかわけわからんが、あちらさんの映像は編集が良いのでずっと見てられる。

■トレーニン
ローター台トレーニングの際は、バイクマウントに古いスマホをつけて、気分にあわせて情報収集。
YouTubeの場合もあるし、BB2Cアプリを使って5chを見ながらもある。
まあ、本気のインターバルをやる場合はそんなもの見ている暇はないのだが。。

外をランニングするときはスマホを持っていかないので、単純に走ることに集中する。
そういう時間があってもよいじゃないか。

■テレビ
21時からはNHKのニュース。いささかリベラルな論調に疲れるが、桑子アナがかわいいのでニュース番組はこれのみだ。
(昔はBSフジの反町さんも見ていたのだが)
他の民放のニュース番組はショーアップされすぎだ。ストレートニュースをやってくれぃ。。
2020年度より桑子アナが外れるとのこと。。許さんぞ、絶対に許さんぞNHK!グヌヌ・・・

■寝るまでは読書タイム。
本は基本的に図書館で借りてくる。
通勤経路に図書館の貸出センター的なものがあるので重宝している。ネットで注文しておけば、2日以内に届いている。
そこで借りて帰ってくる。返却は貸出センターが閉まっているときでも返却ポストがあるので便利だ。
払っている税金分は本を借りようと思っているので(あさましい・・)ガンガンつかっている。
ネットの検索システムもわかりやすので、とても便利だ。


本の選び方は難しい。
年間7万5千冊の新刊が発行されている。
そして本は一冊読むのにもそれなりに時間を使う。こんなことでは本当に良い本には辿り着くことは天文学的確率となる。
個人的には、HONZとフィルターの両サイトをチェックする。(フィルターはビジネス書系なので勉強する際に利用)
あとは昼間の本屋巡りの際に気になった書籍はメモしておくのでそれも検索をかけておく。
ここで重要なのは、気になった本はいったんAmazonにて検索をかけること。
そうするとAmazonの中の人(AI)がどんどん学習されて、自分に最適なリコメンドをしてくれるようになるのだ。
Amazonで買わなくても良いから、気になった本はいったんAmazonに学習させるようにしよう。

基本的にノンフィクションが好きなので、そのジャンルばっかり読む。
ノンフィクションといってもテーマが色々あるのだが、気を付けていることは気になったテーマは、関連本をどんどん読むようにしている。
気になったということは、そのテーマを「学習」したいということだから、中途半端にはしたくない。
ひょっとするとキッカケになった本は嘘を書いているかもしれない。その一冊を読んで終わりにするのは勿体ない。学習の機会を逃している。
ここで重要なのは、上記のAmazonAIの活用だ。いったん検索をかけてチューニングしているので、グッドな関連本のレコメンドが多くなっているのだ。

この時間帯に、雑誌も読む。
楽天の雑誌のサブスクリプションサービスに入っているので、モータースポーツ関連や自動車関連の雑誌を流し読みでチェックしていく。
気になった記事はスクリーンショットをとってタブレットに保存しておく。
後から読み返してnoteのネタにつかったり、体系的に知識を整理するのに使う。
雑誌文化は確かに低迷しているが、ネット情報と違ってちゃんと編集が入っているものはやっぱり良い。
中にはとんでもないレベルのライターもいるがそういうのがゴチャゴチャしているのが雑誌の面白さだ。

寝る前にタブレットの強い光にあたりたくないので、雑誌チェックの時間帯は変えたいと思っているのだが、なかなかうまくいっていない・・


以上が情報収集に関しての1日の動きだ。
無駄も多いと思う。(時間の使い方と、ソースの選択の両面で)
どんどんチューニングしていって、制度を高くしていきたいものだ。


つるやたかゆき

爽快感とは

今日は久々にローラー台だ。
そろそろ外を走りたくなってきた。とはいえ、寒波到来。しょうがないローラー台で我慢するしかない。
ローラー台トレーニングは本当に便利だ。
LSDから激しい追い込みまで、なんでも出来る。室内で出来る。
自転車なので膝などの間接への負担も少ない。ランでこんな追い込みは早々かけられない。
だが、その手軽さと反比例するかのように爽快さがスポイルされてしまう。
凍えながら、あるいは暑さに苦しめられながら外でランをする。やっている最中は勘弁してくれよと思うが、終わってみると不思議なほどの爽快感。これは何回経験しても驚く。
ローラーは手軽だが、どんなに追い込んでもそういった爽快感は無い。
単純に屋外で、新鮮な空気を吸い込むことが脳に良い作用をもたらしているのか?人体って不思議である。


つるやたかゆき

動き続ける訓練

f:id:turutaka2R:20200216001048j:image

厚別2日目。
バーサロペットは今年からコースが変更になり、フラット基調。
登りが無いのはありがたいが、逆に言うと下りも無い。下りが無いなら休めもしない。
常に身体を動かし続けないといけない。難儀なこっちゃ。

先週の土曜日にも、ニューアイテムのatomicのシェイクダウンを行ったが、雪面が圧雪されておらずフィーリングはイマイチ。
滑ることは滑るのだが、ディテールに関しては「よくわからない」というのが正直なところであった。
今日も朝方に大雪が降っていたため、雪面は期待できないと半ば諦めムードで臨んだものの、案に反して雪面はきっちり圧雪され、バニラアイスのような上品は顔立ちをしている。

この理想的とも言える雪面で、atomicの板は本領発揮。
オーバーステアともいえるコントーラブルな特性で、意のままに操れる。
加速が欲しい時も、ほんの少し自身のアクセルを踏み増すだけで、スッとスピードにのる。
これは良い板だ。こんな素人でも良さがビンビンに伝わってくる。

まったく疲れずに90分。
これなら3時間くらいは乗れたかもしれない。
厚別競技場のフラットなコースで、ずっと身体を動かすトレーニングは単調と言えば単調だ。
滝野のコースのように、上り坂と格闘したり、下りを緊張感たっぷりに駆け抜ける喜びは無い。
だが、淡々と周回を重ねて自分のシュプールを一周ごとにトレースしていく楽しみは、これまた別格の楽しみである。

来週は少し稼働時間を増やしてみよう。まだまだいけるはずだ。
気温と雪温が上がりそうだからスプレータイプのワックスは必要かもしれん。

 

つるやたかゆき

原子力的な日光の中でひなたぼっこを

f:id:turutaka2R:20200207193434j:image

バーサーロペット参戦を決めたので、義父に昨年2月以降メンテしていなかった板のワクシングをお願いした。
いつかは自分でやらんと思っているのだがついつい好意に甘えてしまった。
ホットワクシングできる環境を整えたいなあ。。
自分で買ったフィッシャーとここ3年借りっぱなしのマドシャス。
フィッシャーは少し重たい入門用。練習はこれでやって本番は軽いマドシャスというのが毎度定番の流れだ。
2セットともワクシングにかけるので、週末用の板が無い。どうするべと思っていたら、今度はアトミックの板を貸してもらった。
アトミック!!
アトミックですよ、みなさん。
現在のXCスキー機材界のパワーバランスはよくわからないが(おそらくフィッシャーが最大シェアか?)、個人的にはアトミックは憧れのブランドだ。
90年代にノルディックコンバインドに胸を躍らせた世代にはドンピシャの板である。
アルベールビルの荻原、カッコよかったよなあ。。
団体では他の2人はフィッシャーをつかっていたのだが、荻原だけはアトミック。
あの時代を席捲した英雄が使っているというだけなのだが、それ以降、心のベストテン第一位はアトミックなのである。

かなり細身で軽い。ここまでカリカリのレーシング仕様の板を扱ったことは無い。ポテンシャルを引き出すことはできるのか。
というわけで、週末はこの板のシェイクダウンだ。
げ、週末の気温低すぎ・・ イメージトレーニングだけにしておこうかな・・(超絶軟弱野郎)

 

つるやたかゆき

季節と天候にあわせた遊びをチョイス

f:id:turutaka2R:20200206132449j:image

結局、札幌国際スキーマラソンは中止となってしまった。
40回記念大会ということで、運営側も気合が入っていたに違いない。
(参加賞もバスタオルからソックスに変更!)
練習もしていない僕はちょっとホッとしたのはナイショだが、運営側の皆さんの心情を考えるとツライ。
せっかく準備してきたものが、雪不足で中止というのはやるせないだろうな。

だが、北海道マラソン、こっちの中止はアカンで!
代わりの目標を決めるって言ってもなあ。。
3月くらいからランニングを再開して、6月のJAL千歳で最初の腕試し、そしてそこからのフィードバックをもとに北海道マラソンに向けて仕上げていくというルーティンをどうしてくれるんだよぉぉぉ。
作ACかパイロットファームをターゲットにするべきか・・・

そんなこんなで悶々としていたら義父から、3月のバーサーロペット参戦のお誘いが。。
XCスキー、今シーズンは完全に諦めモード(なんせ2月なのにまだ一度も板に乗ってない)だったが
これ幸いとばかりに飛びついた。
例年よりひと月早くランモードに切り替えようと思っていたが、チャンスがあるならダボハゼの如く飛びつくぜ。
と、思っていたら今までの鬱憤を晴らすかの如く大雪モード。
こりゃ、ランニングなんてやってられないぜ。季節と天候にあった楽しい遊びをチョイスしていくのだ!
週末からは山籠もりだな。 

 

つるやたかゆき

雪不足

困った。新年早々のエントリーなのに湿っぽい話になってしまい恐縮なのだが、困った。
雪が降らないのである。
季節は完全に冬になったが、雪が降らない。気温はしっかりと冬日を記録しているので『暖冬』では無い。
オプショナルとしての『雪』が無いという不思議な現象だ。
観測史上36年ぶりとのことだが、それくらい珍しい状況なのだ。

雪なんて少ない方がいいじゃないかと言う向きもあるだろう。確かにその通り。
雪なんて無い方が断然便利だ。雪は大嫌いだ。

自分の生活エリアから雪はなくなって欲しいが、クロスカントリースキーのコースは別だ。
滝野も厚別も雪不足でクロスカントリースキーのコースがいつまでたってもオープンできていない。
2月上旬の札幌国際スキーマラソンにはエントリーしてしまったので、なんとしてもマイレージを稼がないといけない状況なのに、この状況は正直ヤヴァイ。
平凡なサラリーマンなので、クロスカントリースキーの練習は週末しかできない。
大会までの休日は7日間しかないが、おそらく次の3連休までに雪不足は解消しないだろう。
となると、実質的に練習できるのは4日間しかない。
常設コースの白旗山ですらオープン延期らしい、札幌のクロスカントリースキーヤーはどこで練習しているのだろう。

いま自分がやれることとしては、平日のローラー台トレーニングで心拍トレーニングを徹底することと、週末は長時間有酸素運動を実施して身体を慣らしておくことしか無いだろう。
長時間有酸素運動となると、やはりランか。お正月以来走っていないが、この寒さのなかラントレーニングを復活させるか!?正直、しんどいがやるしかないな。。
とりあえず3連休は少し遠くまで走ってみようか。

と、ここまで書いたが2月2日の札幌国際スキーマラソンって開催されるのか!?
このままだと無理だよな・・


つるやたかゆき

サボリスト

うおーい。
殆ど更新していなかった。
こういうのは、一度更新しない期間が続くと罪悪感が発生して、今度はそれに蓋をするようになってブログのことを意識外に追いやる習性がある。
ダメダメだなあ。
そしてブログの更新が止まるのと同時にランもストップしていた。
ここ数週間にわたってサボりまくっている。
かろうじて週末はちょこちょこと走っているが、平日夜は寒さを言い訳にサボりを決め込んでいる。
空いてた時間はひたすら読書、読書。
タメになる本から、まるでタメにならないごみクズ本まで秋の夜長を楽しんでいる。

ランをしないとこれだけの時間を確保できるんだなあと今更ながら思う。
10㎞を走るにしても前後のモロモロを含めて1時間以上はロスする。
走ること自体は大好きなのでこれをロスとは考えたくないが、時間は有限でその持ち分はどんどん減っていることを考えると、時間の使い方って大事だなと実感する。
一番良いのは、ダラダラしている時間(用事もないのにスマホを眺めたり、目的の無いテレビの視聴)をやめるといいのだけれどね。

そんな風にインドアな生活をキメていたら、とたんに身体がプヨプヨになってきた。
プッシュアップとプランクはやっているが、消費カロリーが少なのだろうか。ㇷ゚ヨ具合がハンパない。
これじゃいかんと、重い腰を上げてローラー台を始める。
春までに3000㎞を目標にローラー台でクルクルしてみよう。一日25㎞でやっても120日かかるのか。
2月末まで120日もないぞ。。。さてさてどうなることやら。

 

 

つるやたかゆき